小説新潮6月号 ::: 2016.05.21 Saturday

本日発売の新潮社さま「小説新潮」にて、詠坂雄二先生の『王ノ町』扉絵、住野よる先生の『か↓く←し↑ご→と』扉絵を描かせていただきました!
どちらも6月号掲載です。そして、どちらも今回最終回なのです…!!ひ、必読やで!
『王ノ町』は前回衝撃の事実があったので、今回とても楽しみにしていたのですが、今回もまた別の驚きがありました。ネタばれになりそうなのでうかうかと感想を言えません…。でも最終回にふさわしく、今までふと疑問に思っていたことの謎も解けたりして、素敵なお話でした。

「かくしごとシリーズ」はキャラクターの会話がとてもイキイキしていて、特に女性キャラクターが魅力的でした。今回の『か↓く←し↑ご→と』ではついに宮里ちゃんが主人公でしたよ!さてさて宮里ちゃんの能力やいかに。
 




びっくりぽん ::: 2016.04.07 Thursday


さらに絵のお仕事紹介。しかもどんどん日をさかのぼっていきます!
新潮社さまより「小説新潮」4月号にて住野よる先生の『』の扉イラスト、詠坂雄二先生の『石ノ町』扉イラストを描かせていただきました!どちらも4月号に掲載されております。

住野先生の『』はいよいよヅカ君パートです!今までヅカ君こそ何考えているんだろう、と思っていた方は是非!一読くださいませ。そして相変わらずパラさんの言動が面白く、とてもいいなあ、と。パラさん好き!

詠坂先生の『石ノ町』は、今回すごいです!前回旅人さんのルーツがちらりと見えた、と思ったら!それ以上のびっくりぽんな事実が判明していろいろ納得してしまいました。旅人さん…。

ぜひぜひお手に取ってくださいませ!




国語の時間 ::: 2016.04.07 Thursday

またまたお仕事の紹介。前年度担当させていただいた朝日小学生新聞『楽読み楽解き国語の時間』のイラストを本年度も担当させていただけることになりました!毎週月曜日の国語コーナーです!
タイトルロゴのキャラクターも一新して、新鮮な感じでどうぞよろしくお願いします。
 




涙と笑いの人情時代小説 ::: 2016.04.07 Thursday

お仕事のお知らせです!4月8日発売予定!岩崎書店さまより、『旅のお供はしゃれこうべ』カバーイラストなどを描かせていただきました。第14回ジュニア冒険小説大賞受賞作、泉田もと先生のデビュー作品です☆

岩崎書店さんのHPで中身もちらりと読めます。こちらから↓
http://www.iwasakishoten.co.jp/
トップページにバナーも設置していただいていて、それがすっごくかわいくて嬉しいです。
もちろん、本もかわいく仕上げていただいてすごく、すごく嬉しいんです。

見ての通りの時代小説ですが、成長物語でもあり、友情物語でもあり、冒険小説でもあります。キャラクターもみんな魅力的でページをめくる手が軽やかでした!ぜひぜひご覧くださいませ!




なんと! ::: 2016.03.15 Tuesday

お知らせが遅くなりましたが、講談社さま「小説現代」3月号にて、なんと赤川次郎先生の新連載の扉絵、挿絵を担当させていただけることになりました!講談社さんでは実に30年ぶり!となる新シリーズだそうで、うわーー光栄です!
「三毛猫ホームズ」シリーズを読み漁っていた幼い頃のわたしに教えてあげたいです。
今回は「キネマの天使 レンズの奥の殺人者」ということで、舞台は映画撮影現場、主人公はスクリプターの女性、東風亜矢子さん。1話から驚きもあり面白かったです。どんな風にお話が進んでいくのか、わたしも楽しみです!!
ぜひぜひお手に取ってくださいませ。


 




もう一枝あれかし ::: 2016.03.10 Thursday

文藝春秋さまより、あさのあつこ先生の『もう一枝あれかし』、今回文庫化に当たってまたカバーイラストを新たに描かせていただきました。それにともない、もう一度読み返したのですが、あれ、おかしいな、前より心に沁みてくる…。人生っていろいろあるぜ。
女性の弱さとか、強さとか、ひたむきさとか、かたくなさとか、諦めとか、希望とか。しっとりとした情景とあいまって、心に沁みる5編の短編集です。ぜひぜひ大人の女性は手に取ってくださいませ。




イチゴっておいしい ::: 2016.03.10 Thursday

こんにちは〜。春が来たかしらと思ったのにまだ寒いです。
お仕事の紹介です!
以前「ポン・ピュン・ラン走法」の特集イラストでお世話になった、プレジデント社さま「プレジデントファミリー春号」にて「計算力おさらいドリル」の扉イラストを描かせていただきました!
イチゴ!イチゴ!

「プレジデントファミリー」カラーページが多くて、読み応えがあります。ぜひお手に取ってくださいませ〜

こちらが表紙




「読楽」2月号 ::: 2016.01.28 Thursday

徳間書店さま「読楽」2月号に彩瀬まる先生の『マリアを愛する』扉絵を描かせていただきました!
今回から、「真夜中の掲示板」というシリーズ名もつきました!
前回彩瀬先生の『小鳥の爪先』という作品の扉絵を描かせていただいたとき、とっても繊細でキラキラして心細げなストーリーがすっごく好きで、あ〜、シリーズ化しないかな〜と思っておりました。待っておりましたよ!イヨ

今回のお話もやっぱり素敵でした。読み進むにどんどんどんどん、深層に引き込まれていくかんじ。ラストは心に重く、じんときました。よかった…。
ぜひぜひお手にとってご覧くださいまし。




小説新潮2月号! ::: 2016.01.22 Friday


新潮社さま「小説新潮」より、住野よる先生の『か1く2し3ご4と』
そして、詠坂雄二先生の『日ノ町』扉絵を描かせていただきました!

『か1く2し3ご4と』『日ノ町』ともにはシリーズ3作目です!

『か1く2し3ご4と』では私のお気に入りのキャラクター、パラこと黒田さんがメインのお話で、今回もとても良かった〜。このシリーズは毎回そうなのですが、私にもこういう部分あるわ〜となんか気恥ずかしいというか、目をそらしたいような感情が思い起こされるのですが、そこがまた愛おしくなってしまうんです。
今回、パラさんはもちろん好きだったのですが、ミッキーこと、三木さんの株が私の中で急上昇しました。

『日ノ町』は、重厚な雰囲気漂うファンタジーです。何度も言ってるような気がしますが、天野喜孝先生の挿絵が織り込まれたファンタジー小説に憧れていた私としては、こんな雰囲気の作品にイラスト描けるなんてとっても嬉しい…!
今回は主人公の旅人さんのルーツなんかもちょっと判明したりして、少しずつこの世界の全貌が…明かされようとしているのかしら。
どちらも「小説新潮」2月号に掲載されています。偶然にも連続で載っています〜!あえてタッチもパッキリ分けました(つもりです)
 




扉絵描かせていただきました ::: 2015.11.25 Wednesday

新潮社「小説新潮」12月号にて住野よる先生の『か/く\し=ご*と』の扉絵を描かせていただきました!!
前回の『か、く。し!ご?と』に続き2回目です。
キャラクターひとりひとりが魅力的で、かいていてとても楽しかったです。
文化祭で行うヒーローショー準備中!クラスのみんなの心の揺れ具合!ヒロインの頭に載ってるのは何なのか。ぜひぜひご覧になってくださいませ。