スポンサーサイト ::: 2018.01.31 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




あなたのとなりにある不思議 ::: 2016.12.18 Sunday

ポプラ社さまより刊行されております『あなたのとなりにある不思議』「ぞくぞく編」と「はらはら編」の挿絵を描かせていただきました。カバーイラストはどちらもアカツキウォーカーさんです。

各10話ずつ収録されております。私が担当したのは

「ぞくぞく編」

那須正幹先生『夜の墓そうじ』

工藤純子先生『あたしがふたり』

「はらはら編」

宮下恵茉先生『鈴の音』

野原さちこ先生の『ユウ・レイくん』

いとうみく先生の『みぃつけた』

です!

↓こちらは『夜の墓そうじ』の1カット

さらに「びくびく編」が来年1月に刊行予定。その後「ぶるぶる編」「ざわざわ編」と全5巻の予定です!

どれも短いお話で結末に驚きがあるアンソロジーです!

カバーデザインはホロ加工もしてあり豪華!ぜひ手にとってください〜!

 





謎解き全9編 ::: 2016.09.28 Wednesday

東京創元社さまより太田忠司先生の『ミステリなふたり』ア・ラ・カルトのカバーイラストを描かせていただきました!

以前単行本でもカバーイラストを担当させていただきましたが、今回文庫化にあたり、より華やか!になるようにいたしました!

手に取っていただけるといいなあ。

 

奥様は愛知県警捜査一家の刑事「氷の女王」こと京堂景子、旦那様はイラストレーター兼主夫の京堂新太郎。

仕事場では冷徹な鬼振りを発揮する景子さんですが、家に帰ると新太郎さんにデレデレな景子さんがなんだかすごくうらやましいです。文庫化にあたり追加された1編も含めて、9編すべてに美味しそうな新太郎飯が出てきますよ!じゅるり。

ミステリー×夫婦ラブ×グルメです。ぜひぜひお手に取ってくださいませ〜★

 





幕末舞妓! ::: 2016.08.19 Friday

集英社さまより奈波はるか先生の「幕末舞妓、なみ香の秘密」のカバーイラストを描かせていただきました!「集英社オレンジ文庫」です!

イラストを描くにあたり、作家先生や編集の方にいろいろと舞妓さんのことを教えていただき、とてもとても勉強になりました。ありがとうございます!

幕末舞妓の秘密とは!読んでいただければすぐにわかりますぞ!ぜひぜひお手に取ってくださいませ。

 





浅倉涼子、16歳 ::: 2016.08.03 Wednesday

新潮社さまより赤川次郎先生の『月光の誘惑』カバーイラストを描かせていただきました!うわーー!

久々に、制服姿の女子を描いた気がします。楽しかった…!!

涼子ちゃんとその母、美紀さんのダブルヒロインだと私は思っているのですが、とにかくジェットコースターのように息がつけない展開です。特に美紀さんの懐の深さには脱帽どころか、なんかもう、両手両膝をついて、「すみません、私、自分のことしか考えてなくて」と頭を垂れて謝りたい気分です。

 

ちなみに、現在講談社さまで連載中の、『キネマの天使』とは全くの別物です(こちらも赤川先生著)。

 

是非お手に取ってくださいませ〜!!





今月の ::: 2016.07.27 Wednesday

こんにちは!お仕事のお知らせです。
講談社さまより「小説現代」赤川次郎先生の『キネマの天使』第6回扉絵、中挿絵
徳間書店さまより「読楽」彩瀬まる先生の『真夜中のストーリー』扉絵を描かせていただきました!
「キネマの天使」は前回ラストでも「え、ええ?!」という出来事が起こりましたが、今回は「ほほう…!!」という感じで続きました。やはり面白展開です。目が離せません。
「真夜中のストーリー」もとても素敵なお話!心がひりひりしつつも、ラストはじんわり癒されるんだよな〜。扉絵、自分でもなかなか気に入っています。読後の2人を想像するのもとても楽しい。オンラインゲームがひとつの舞台となっており、そのへんも興味深いです。




親分VS親分猫 ::: 2016.06.16 Thursday

文藝春秋さまより高橋由太先生の『猫は剣客商売』カバーイラストを描かせていただきました。
高橋先生の書き下ろし時代小説「猫は仕事人」シリーズの4作目です!なんといっても初登場の親分ネコ!が見所です。相変わらず、主人公猫、まるの巻き込まれぶりもたまりません。クロとお銀も活躍します〜!!
ぜひぜひご覧になってくださいませ〜!!




さ、さ、さ、さいしゅうかい…! ::: 2016.05.27 Friday

文藝春秋さま「週刊文春」にて、去年の8月から始まった道尾秀介先生の『staph』がついに、最終回を迎えました…!!
長いようで、あっという間でした。夢のようでした、と朝ドラのヒロインがクランクアップのときに言うような言葉しか出てきません。いろいろと挑戦した連載でもありました。ほんと、感謝です。
小説の内容もとても素敵で、今回携われて光栄でした!また週刊での挿絵のお仕事したいな〜。楽しかったです!
ぜひぜひお手にとって見てください!どうぞよろしくです☆




小説現代と読楽 ::: 2016.05.22 Sunday

講談社さまより「小説現代」6月号にて赤川次郎先生の『キネマの天使』扉絵と挿絵をかかせていただきました!4回目です。
赤川先生のお話はテンポが良くて、本となった状態で読むとどんどん読み進んでしまうのですが、当然ながら連載中はお預けをくらうわけで…なんだかちょっと不穏な空気が流れ始めて、先が気になります…!!


そして、徳間書店さまより「読楽」6月号にて彩瀬まる先生の『鮮やかな熱病』扉絵を描かせていただきました!カエルちゃんが少し登場します!彩瀬先生のお話も読み始めると止まらなくて、読後すっごく満足感があるんですよね〜。「真夜中の掲示板」というシリーズ名が付いていますが、読みきりなのでこのお話だけでも充分お楽しみいただけますぞ!
是非どちらもご覧くださいませ〜。

昨日から登場している招き猫は、おまけでいただいたものです。思いがけずかわいい!!




小説新潮6月号 ::: 2016.05.21 Saturday

本日発売の新潮社さま「小説新潮」にて、詠坂雄二先生の『王ノ町』扉絵、住野よる先生の『か↓く←し↑ご→と』扉絵を描かせていただきました!
どちらも6月号掲載です。そして、どちらも今回最終回なのです…!!ひ、必読やで!
『王ノ町』は前回衝撃の事実があったので、今回とても楽しみにしていたのですが、今回もまた別の驚きがありました。ネタばれになりそうなのでうかうかと感想を言えません…。でも最終回にふさわしく、今までふと疑問に思っていたことの謎も解けたりして、素敵なお話でした。

「かくしごとシリーズ」はキャラクターの会話がとてもイキイキしていて、特に女性キャラクターが魅力的でした。今回の『か↓く←し↑ご→と』ではついに宮里ちゃんが主人公でしたよ!さてさて宮里ちゃんの能力やいかに。
 




びっくりぽん ::: 2016.04.07 Thursday


さらに絵のお仕事紹介。しかもどんどん日をさかのぼっていきます!
新潮社さまより「小説新潮」4月号にて住野よる先生の『』の扉イラスト、詠坂雄二先生の『石ノ町』扉イラストを描かせていただきました!どちらも4月号に掲載されております。

住野先生の『』はいよいよヅカ君パートです!今までヅカ君こそ何考えているんだろう、と思っていた方は是非!一読くださいませ。そして相変わらずパラさんの言動が面白く、とてもいいなあ、と。パラさん好き!

詠坂先生の『石ノ町』は、今回すごいです!前回旅人さんのルーツがちらりと見えた、と思ったら!それ以上のびっくりぽんな事実が判明していろいろ納得してしまいました。旅人さん…。

ぜひぜひお手に取ってくださいませ!