スポンサーサイト ::: 2017.08.27 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




みをつくし ::: 2013.01.14 Monday
 
最近はまっているのは、高田郁先生の『みをつくし料理帖』シリーズ。
『堂島物語』が好きなら〜と勧められて、とりあえず1巻を買ったまま放置していたのですが、ふと読み出すとやはりはまってしまい、続々と読んでいます。今四巻目の途中ぐらい。
シリーズものって、はまり出すと全部買ってしまうので、なかなか懐に厳しい…。しかし面白いです。
堂島物語とは全く違った面白さなのですが、女性ならではの想いや気遣い、できることとできないことがあってはらはらと楽しい。澪ちゃんの料理に対する真摯な態度に涙しますえ。
それにしても、こういう時代小説を読むと、日常のいろいろなことに感謝して、一生懸命働こう、と思わせられます。




長くなってしまった ::: 2012.12.10 Monday

坂木司先生の『和菓子のアン』を読みました〜!面白かった!
デパ地下を舞台にした人の死なないミステリー。和菓子のようなほっこりしっとり奥の深いお話で、とてもとても満足しました。登場人物がみんな個性的でよい!立花君がお気に入りです。
読後、和菓子が食べたくなって、買いに行きました。
作中のデパートでは、閉店30分前に安売りをしていたので、閉店間際を狙ったのですが、近くのデパートでは普通に定価のままでした。ちぇ。翌日買いました。

 
あともうひとつ、これは少し前に読んだんですが、津原泰水先生の『蘆屋家の崩壊』もすごく面白かった。某作家先生のブログで紹介されていたのを、ほほう、と思って読んだのですが、うん。良かった!夜読むのに最適な本です。
私、よく、「夜読むのに良い」とか書きますが、これは、褒め言葉です。読んでると眠くなるとかそういう意味ではなく、一編読み終えて、深く満足して、「ん?もう一編いっちゃう?寝る?いっちゃいますか」とか軽く葛藤して、読んで、また満足して、「ん、じゃあ寝ますかね」と、い〜い感じにリラックスさせてくれるんですよ。刺激が少ないわけでもない。実際読んでてびっくりして「え」とか声に出しましたからね。
逆に最近読んだ本では、吉田修一先生の『横道世之介』は、夜読むのに向かない本でした。こちらも面白かったけど、ぎくっとしちゃって、目が冴えて眠れませんでした。こういう本は電車で読むのがよろし。目的地までの距離がぐっと短く感じます。

話は戻って、『蘆屋家の崩壊』の登場人物、猿渡君は、高橋留美子先生が描くような黄色い服が似合う青年であって欲しい、と思いながら読んでいました。




いや〜まさか… ::: 2012.10.19 Friday

武者小路実篤の『友情』を読みました!
これも、新潮社夏の100冊に入っていましたね!夏に買ったまま放置していた積読の内の一冊です。
いやもう、積んでます。積んでるのに、さらに買って、そっちから読んじゃう、とか。まあ、でもいいんです。逆もあるから。買ったけど、今気分じゃないから実篤読む、とか。

さて『友情』、まさかの最初のページで作者自らネタバレをするという…。
作家先生が自序としたなら、最初のページに持って来ざるを得ないんだろうけど、内容を全く知らず、あらすじとタイトルの有名さで購入したあたいとしては、すっごくびっくりしました。「え、ええ〜!?」といいました。思わず。

…いえ、おもしろかったです。読みにくい、ということもほとんどなく、ただ、その最初のネタバレがなければもっと、もっと面白かったと…。
ふふ…。

これから読む方で、あんまり内容知らない方は、最初のページは読まないほうがよいぞ!




おじさま方 ::: 2012.09.15 Saturday

まあ、ちょっと前ですが、須川邦彦さんの『無人島に生きる十六人』 を読みました!
新潮社の夏の100冊にも選ばれていたので、ご存知の方も多いかも。

タイトルの通り、無人島に流れ着いた明治時代の海の男16人実話です。
こういう、無人島に流れ着く実話系の話はキッツイことが多くて、困難さに心がつぶれそうになるんですが、これはね!知識が豊富な海の男たちの話なので、困難なことは確かにたくさんあるんですが、それよりも、それに立ち向かう姿勢がほんとにすばらしくてすばらしくて、涙が出そうになります。

明治時代だから、「日本国の男子として恥ずかしくないよう」みたいなセリフが結構出てくるんですが、そんなセリフを地で行く、中川船長をはじめとする16人の誇り高い精神力に圧倒されました。
ほら、NHKの「坂の上の雲」みたいな、あんな清廉なイメージ。「坂の上の雲」あんま観てないけどね…。




最近読んだもの ::: 2012.07.26 Thursday
 
求龍堂さんの『チョコレート・アンダーグラウンド』を読みました!
まずなにより、本がかわいい!!全体がチョコレート色でデザインされていて、すっごくオシャレでした。↑カバーイラストを真似て描いた。

内容も、結構トントン拍子でうまいこと進んでいくな〜と思っていたのに、ハラハラするシーンが冒頭からかなりあって、ヒヤヒヤしていました。
チョコレートが禁止された世界で、スマッジャーとハントリーという2人の少年がチョコレートを密造する話です。頭脳派のハントリーが好き。スマッジャーも好きだけど。
読書感想文用にいいんじゃないかしら、と思う。

私もかなりチョコ中毒なので、禁止されるとキツイ。






白猫三毛猫虎猫 ::: 2012.06.08 Friday
 
新潮社さんの『聖徳太子の密使』読みました〜!平岩弓枝先生著です。
3匹の猫がお供をする、和風西遊記!みたいな感じ。

高貴なる人が高貴であり、優しく、りりしい。
旅の中心となる、珠光王子(男装した聖徳太子の娘)がすてきだったなあ〜。
お供の3匹もみんな王子が大好きで、かいがいしく、時には冷静に接する姿がいとおしい。
美しい国、日本を感じました。

3匹はそれぞれ星の名前を与えられているのですが、自分の名前の星を探すシーンがとても好き。

蓬田やすひろさんの挿絵もたっぷりでお得です☆




番外編…だ、と? ::: 2012.02.28 Tuesday
 
千早茜さんの『魚神』読みました!
あたし、こういう幻想的で退廃的で甘美な世界も大好きで、どっぷりはまりそうな予感。
登場人物の名前が、いちいちあたし好みでブルブルしていました。

白亜だけじゃ甘すぎる名前だけど、弟がスケキヨだからなんかこう、い〜い感じでバランス取れてて二人合わせて美しい、みたいな…うまく言えないけどほんと、あたし好み。蓼原も。ええ蓼原も。そしてあの方のお名前…うっとり。
ほんっと良いお名前をお与えになる…。ブルブル。
他の作品も読まなくっちゃ★
文庫版を買ったんですが、宇野亜喜良さんの絵も世界観にぴったりんこで、作業机の近くに置いてはうっとり眺めております。うっとりんこです。


引き続きの『堂島物語』。
まさかの番外編。万吉物語。なんか、堂島物語2として続きを出してほしい。
もう、いっぱいたくさん続きが読みたいアル。シリーズ完結なんて嘘であってほしいアル!
吉左!吉左に会いたいアル!

そんな私は大阪に住んでいた頃、堂島にも行ったことがあり、は〜あそこで米相場が〜っていうか吉左が〜と思いを馳せていました。
吉左に会いたい(しつこい)。


ちょっと前に月に9冊読んで新記録とか言ってましたが、今月11冊読んで記録更新です。やった〜★




イエイイエ〜イ ::: 2012.02.07 Tuesday

冨樫倫太郎先生の『堂島物語』、あたい、先日ブログに書いたあと、すぐに4巻まで一気に読んじゃってさ、シリーズ全6作って書いてあったからさ、電車のお供に5、6ともう全部買っちゃおうと、勇んで本屋に行ったのにさ、どこにもなくって、いや、これはおかしい、と調べたらやっぱりまだ発売してなかったっちゃ☆

一気に読みたかった…トホホ。(私はシリーズものに限らず、上下巻でも一冊ずつ買うタイプです)

『テンペスト』の時は刊行が待ちきれず図書館で続きを借りて読みましたが、5、6巻と今月25日発売らしいので待ちます。カバーもかわいいので是非手に入れたい。
4巻、キリのいいところで終わっていたのが救いです。

堂島、特に1、2巻の吉左丁稚編はめちゃくちゃおもしろいです。その時はやることがあったので、夜寝る前しか読んでなかったのですが、「あ〜はやく続き読みたい〜」と夜が来るのが楽しみでした。



結局、電車のお供は米澤穂信先生の『儚い羊たちの祝宴』(短編)にしました!
解説にもありましたが、「玉野五十鈴の誉れ」の最後の一文を読んだ時は、「こっわ」と一言口にせずにはいられませんでした。面白かったです。ダークな感じ。




金貨2枚 ::: 2011.11.30 Wednesday
 
ムーミン谷のスニフ、アニメ版の強欲ぶりがすごい。と、いうわけで、アニメ版のスニフイメージ。原作はまだそこまでじゃないと思う。


今月は、買ったきり置いておいたいわゆる「積読(つんどく)」(こういう言葉はじめて知ったけど)をかなり消費しました!

読める時に買えばいいじゃん、買ったきり読んでないなんて、そんなことあるのかと、学生時代は思っていたのですが、そんなことありました。
あ、おもしろそう、と思って、今度買おう、だと、忘れる…!!どんどん読みたい本出てくるし。雑誌とかで紹介されて読みたいと思っても、あまり読んだことない作家さんだとこれまた忘れる。と、いうことで読みたい、と思ったら買うことにしました。

「たのしいムーミン一家」もよめたし、「モダンタイムス」も読めたし、「四十九日のレシピ」も読めました。ささやかな読書記録をつけているのですが、今月は9冊!月数では記録更新でささやかな喜びに満ちています。ほくほく。
できればあと1冊、今日中に読めたらもっといい感じですが、そんな無理するもんでもないしね〜。

漫画も最近いろいろ読んでます。あ、ジョジョ6部はとっくの昔に。チラッとウェザーリポート描いてた時にはすでに読み終えていました!ウェザー好き好き。
↓コレです




ムー民 ::: 2011.10.14 Friday

昨日チラッと書きましたが、 今、ムーミンに注目中!
原作およびアニメも観たことがなく、キャラクターの名前くらいは知ってても、詳しいことは知らなかったムーミン。
まずは『ムーミン谷の彗星』を読みおわりました!
スニフの卑屈っぷりが他人とは思えず、いとおしい。みんな、スニフをかまってあげて…!

タイミングよくアニメの再放送もやっていたので、「美味しんぼ」に代わる、「来客が誰であろうと安心して観られる、食事時に最適な30分番組」として我が家では注目を浴びております。